日経平均株価を見て来て思うこと

日経平均株価はかなり歪んだ感じになって経済の状況を映さなくなって来たと感じています。

現状では海外の投資家は日本株から離れていって、公的年金などの日本株買いがほとんどのようです。

日本の投資家も長期保有をせずに短期売買で利益を出す人が多くなっていますし、安心して日本株を買える状況では無いです。

景気は回復していると言われていますが、実質賃金やGDPはマイナスになったりしていますし、実際はどうなのかよくわかりません。

なので日本株を買う人は少なくなって閑散としているのだと思います。

日経平均株価が安くなっているから買いのチャンスもあると思います。

下がって行く時に買うのは怖いですが、高い時に買うよりも安い時に買った方がいいのは間違いありません。

海外の投資家が戻って来るようなことがあれば私も積極的に買いたいです。

アベノミクスと言われていますが、日経平均株価が上がったのは中国のバブルや世界的な株高の恩恵の方が大きいと思っています。

他の国では史上最高値まで株価が上がったところもたくさんあります。

日経平均株価は他の国と比べると物足りない上げ方でした。

アメリカなんかは今も史上最高値近辺ですごいなと驚きます。

日本もまた海外勢が戻って来て株高がいつかは来るかもしれないので、その時は日本も史上最高値まで行って欲しいなと思います。
カードローンの借り換えは上手にすれば完済が一気に見えてきます
カードローンの借り換えは上手にすることがとても大切。より金利が安く、限度額が高いカードローンを選ぶ事で、あなたもスムーズにローンの1本化をすることができるんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です