金欠になったときにこそ、日々の生活を見直す

日本はどこにいっても自動販売機が置いてあるので、どこでも飲み物を買うことが出来ます。ゴミ箱も結構そこら中にあるので、飲みたいときに飲み物を買って、比較的すぐに捨てることが出来る。ゴミさえ気にしなければ、お手軽で、値段も100円~200円と割とリーズナブルです。しかも、コーヒーをカップで買う自動販売機は、味もそこまで悪くないので、ますます買ってしまいます。しかし、お手ごろ価格といえど、100円も30日分たまれば3000円。カップの飲み物ですと一日二杯購入するとして、実に3000円~6000円の出費となってしまうのです。6000円分もあれば、飲み会1、2回、お昼ごはんが一回ワンコインで食べれるなら12回分にもなるのです。飲み物は生活必需品ですが、お弁当などよりも比較的簡単に家で作ってくることが出来ます。もちろんティーパックなど原価はタダではないですが、職場や学校近くの自動販売機で買うよりも圧倒的に安いです。なぜなら30個いりのティーパックが何百円で購入可能なのですから!お茶等は絶対そうすべきですし、コーヒーなども家でいれてくることが出来ます。ジュースなどもコーヒー、お茶までとはいきませんが、どうしても飲みたいなら自動販売機で買うよりも、あらかじめスーパー等で購入して持参すべきです。ペットボトル単体の値段も、自動販売機で150円するものが、スーパーだと100円で購入できる場合があります。50円差額が30日分で1500円、より多くの飲み物を買うことが出来るのです。みずほ銀行カードローン 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です