日経平均株価を見て来て思うこと

日経平均株価はかなり歪んだ感じになって経済の状況を映さなくなって来たと感じています。

現状では海外の投資家は日本株から離れていって、公的年金などの日本株買いがほとんどのようです。

日本の投資家も長期保有をせずに短期売買で利益を出す人が多くなっていますし、安心して日本株を買える状況では無いです。

景気は回復していると言われていますが、実質賃金やGDPはマイナスになったりしていますし、実際はどうなのかよくわかりません。

なので日本株を買う人は少なくなって閑散としているのだと思います。

日経平均株価が安くなっているから買いのチャンスもあると思います。

下がって行く時に買うのは怖いですが、高い時に買うよりも安い時に買った方がいいのは間違いありません。

海外の投資家が戻って来るようなことがあれば私も積極的に買いたいです。

アベノミクスと言われていますが、日経平均株価が上がったのは中国のバブルや世界的な株高の恩恵の方が大きいと思っています。

他の国では史上最高値まで株価が上がったところもたくさんあります。

日経平均株価は他の国と比べると物足りない上げ方でした。

アメリカなんかは今も史上最高値近辺ですごいなと驚きます。

日本もまた海外勢が戻って来て株高がいつかは来るかもしれないので、その時は日本も史上最高値まで行って欲しいなと思います。
カードローンの借り換えは上手にすれば完済が一気に見えてきます
カードローンの借り換えは上手にすることがとても大切。より金利が安く、限度額が高いカードローンを選ぶ事で、あなたもスムーズにローンの1本化をすることができるんですよ。

AIIBの前途に立ち込める暗雲

昨年末から今年にかけての経済の大きなニュースとして、

中国主導による国際開発金融機関であるAIIB(アジアインフラ投資銀行)

の発足があります。

マスコミ各社がこぞって「参加しないと日本が国際社会から孤立する!」

と煽っていたのも昨日の事のようです。

現在のところアメリカともども日本はこのAIIBに参加していないのですが、

発足前からあったあまりにも中国が実質的に権力を握る仕組みや

そもそも資金の出所が怪しくて結果的に資金不足になったりで

最終的にはサラ金同様の無格付け債券の烙印を押されることになり

参加しなくてよかったと言えます。

最近になり、そんなAIIBに関するニュースを久しぶりに目にしました。

一つが、給与や福祉と言った点で待遇があまりにも悪いため

AIIBの求人に人材が全くと言っていいほど集まらない事です。

これでADB(アジア開発銀行)に対抗意識を燃やして作った組織と言うのですから

御粗末と言う他ありません。

もう一つのニュースが、日本の元総理大臣である鳩山由紀夫氏が

AIIBの顧問就任が濃厚だというものです。

こう言っては何ですが、鳩山氏は余りの政治的無能さで総理の座を追われた人物です。

そんな人を、顧問と言う実権のない立場とは言え迎え入れるなど

どう考えても今後組織運営上致命的マイナスをもたらすようにしか思えませんが?オリックス銀行カードローン 審査